広汎性発達障害・うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/主婦)
傷病名:広汎性発達障害・うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年間支給額: 約77万円

 

相談時の相談者様の状況

子供の頃から無口で集団活動には馴染めませんでした。
真面目な性格もあり高校卒業後就職した会社ではなんとか仕事をしていくことが できました。

結婚を機に退社、その後出産しましたが、育児ストレスから抑うつ状態が現れます。
息苦しさや不安、緊張といった状態が続いたため受診。
うつ病と診断され現在も投薬治療を受けています。

 

相談から請求までのサポート

初診の病院には15年ほど前から通院しておりましたが、院長が死亡のため6年前に廃院となりました。
カルテも廃棄されており、初診日を証明できるものが残っておらず、このままでは 却下となる可能性がありました。
ところが、9年前に離婚した元夫(現在も連絡は取り合っています)が当時の健保の レセプトを保管していることがわかり、見事に初診日が証明できました。
別れたとはいえ、元夫婦の絆がつながっていたのでしょう。

 

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例