自閉症・うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:自閉症(広汎性発達障害)・うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約260万円

 

相談時の相談者様の状況

幼児期から一人でいることが多かったのですが、両親は性格の問題だと考え、気にしてはいませんでした。
成績も良く、芸術的才能にも恵まれ大学に進みますが周囲の学生とうまくコミュニケーションがとれず孤立してしまいます。
次第に情緒不安定になり自殺未遂、物を壊す、親に対して暴力をふるうといった問題行動が多くなっていきました。
このような状態を心配した両親が病院に連れていった結果、自閉症(広汎性発達 障害)うつ病と診断されました。

 

相談から請求までのサポート

天性の芸術的才能をおもちですが、社会性が著しく欠如(特に対人コミュニケー ション能力)しているという、まさに典型的な発達障害の方にみられる傾向でした。
ご本人は就労支援施設に通所中のため、ご両親と面談しました。
幼少期からの経緯を詳しくお聞きし、才能と社会性とのギャップ、ここ最近の問題行動についてを病歴・就労状況等申立書に反映させました。
医師も専門医のためご本人のご状態をよく理解いただいており、しっかりとした診断書を作成いただきました。
おかげ様で手続きも順調に進み、裁定請求から1か月で決定通知が届きました。

 

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例