脳挫傷で障害厚生年金1級を取得、年間約190万円を受給できたケース

相談者

 男性(60代/元会社員)
傷病名:脳挫傷、頭蓋骨骨折、左急性硬膜下出血腫、外傷性くも膜下出血、脳梗塞
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの支給総額: 約510万円

 

相談時の相談者様の状況

会社から帰宅途中に飲酒の後、駅のホームから転落し頭を強打。
救急搬送されました。
手術の結果なんとか一命は取り止めましたが、脳出血による認知症が発生し 社会復帰が難しくなってしまいました。
リハビリ入院の後現在は自宅で療養しています。
左不全麻痺、高次脳機能障害、視野障害が現れ家族が話しかけてもコミュニ ケーションもとれない状態です。

 

相談から請求までのサポート

ご本人とは一度もお会いすることなく、すべて奥様とやりとりしました。
お聞きしたご状況では社会復帰は不可能で常時介護を必要とし、間違いなく1級を取れると確信しました。
奥様は介護によるストレスのため心身ともに疲れ切っているご様子で、初診日の 証明書(受診状況等証明書)は当センターにて病院に出向き取り寄せました。
診断書は精神疾患用(高次脳機能障害)と肢体障害用の2種類です。
傷病が複数あるためか、等級が決定するまでに時間がかかり、その間、不安で 耐えられなくなった奥様より何度も何度も進捗状況の確認の電話を受けました。
ようやく1級認定され、奥様より「決定通知が来るまでの間、不安で眠れない日々が続いていました。本当にありがとうございました。」という涙まじりの 声を聞いたとき、こちらも自分のことであるかのような安堵感にひたることが できました。

 

結 果

障害厚生年金1級を取得、年間約190万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例