知的障害・自閉症・網膜色素変性症で障害基礎年金1級を取得、年間約96万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:知的障害、自閉症、網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
年間支給額: 約96万円

 

相談時の相談者様の状況

幼児期から言葉を覚えるのが遅く、物事へのこだわりがあり周囲に溶け込むことができませんでした。
小学校、中学校は普通学級に通いますが、いじめにあい不登校になってしまいます。
児童相談所に相談した結果療育手帳を交付され養護学校に通うことになりました。
卒業後は福祉作業所で働いています。
小学1年生から発病した網膜色素変性症の病状も進行中ですが症状を親にうまく 伝えられないため危険なことが度々あり、日常生活は母親に頼りきりの状態です。

 

相談から請求までのサポート

ご本人ではなく母親との面談でした。 当初は自閉症の話が中心でしたが、網膜色素変性症についての話を聞いたところ、 こちらもかなりの重症とわかりました。
いじめにも遭い続けてきたうえに、自分の目の異常をうまく伝えられないことのつらさは計り知れなかったと思います。
母親の悲痛な訴えを聞いて微力ながらも何とか力にならなければと思いました。
そのおかげか1級の年金受給にこぎつけることができました。
電話の向こうから聞こえた母親のお礼の声から、精神的にも経済的にも幾分の安堵感を感じることができました。

 

結 果

障害基礎年金1級を取得、年間約96万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例