反復性うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約190万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:反復性うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約250万円

 

相談時の相談者様の状況

離婚話でもめており、不安、抑うつが強くなり受診。反復性うつ病と診断されました。
投薬治療、認知行動療法などを行いますが睡眠障害も出現してしまいます。
離婚成立後も症状は安定せず、不眠や不安を紛らわせるために飲酒に頼るようになってしまいました。
アルコール依存症、うつ病のため入院治療を受けました。
このような症状の中でも経済的理由により無理をして仕事をし、職場を転々としていましたが、現在は自宅療養をしています。

 

相談から請求までのサポート

経済的な不安がとても強く、早朝に頻繁に不安を訴える電話をいただきました。
うつ病の方によくみられる早朝覚醒が顕著であることがよくわかりましたので、病歴就労状況等申立書にしっかりと記載させていただきました。
医師もこちらが作成した資料とほぼ同様に診断書を書いていただき、思ったより早く2級認定されました。

 

結 果

 障害厚生年金2級を取得、年間約190万円を受給しました。

反復性うつ病性障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例