関節リウマチで障害厚生年金2級を取得、年間約170万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:関節リウマチ
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約390万円

 

相談時の相談者様の状況

左膝の痛みにより受診。関節リウマチと診断されました。
痛みが激しくその年のうちに左膝人工股関節手術を受けました。
その後は薬物療法と理学療法を受けますが症状は悪化、依然として左膝の痛みがあり、  両手指、両手関節、右肩関節にも痛みやしびれを感じるようになってしまいました。
杖を突いて歩行し、物を握るのも難しい状態です。
仕事も負担の少ない業務にしてもらいながらなんとか続けています。

 

相談から請求までのサポート

面談時には「初診は大学病院」と言われておりましたが、診断書の記載を見ると近所の整形外科が初診ということがわかりました。
現在の傷病名をつけられた病院が初診と勘違いされる方は少なくありません。
大学病院の前に2件の病院を受診されておりましたので、さっそく受診状況等証明書を取り寄せました。
また、ご本人は左膝に人工関節を装着されております。
通常、片足だけの人工関節は3級止まりですが、両手のしびれも激しく日常生活に支障が出ていたため2級認定となりました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約170万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例