持続性気分障害で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:持続性気分障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年間支給額: 約120万円

 

相談時の相談者様の状況

IT企業に勤務しており、日常的に過重労働のストレスで不眠状態にありました。
不眠状態が続くため受診。睡眠剤を処方してもらいますが抑うつ気分、意欲低下、不安といった症状も現れ改善しませんでした。
仕事もミスが多くなり叱責を受けることにより症状が悪化し就労不能状態となり退職。
自宅療養を続けていますが薬に頼りきりの生活に不安を抱いています。

 

相談から請求までのサポート

ご本人はコミュニケーション能力が低下しており、初診の証明書を依頼する際に話の行き違いから医師とトラブルになってしまいました。
そこで、私の方から医師に事情を説明し、ようやくご理解いただきました。
このような状態のため、障害者枠で採用された会社も退職せざるを得なくなり、現在は就労の見込みがたちません。
障害年金が多少なりとも生活のお役に立てることを祈念しております。

 

結 果

障害厚生年金2級が認められ、年間約120万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例