慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:慢性腎不全(糖尿病性腎症)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約340万円

 

相談時の相談者様の状況

体がだるい状態が続き受診したところ糖尿病と診断されました。
定期的に通院し食事制限等行いましたが数値が改善せず、インスリン療法を行うことになります。
しかし次第に腎機能が低下していき、軽度のうっ血性心不全の症状が現れたため血液透析を行うことになりました。
現在は週3回、1回につき4時間かかる血液透析を続けています。

 

相談から請求までのサポート

会社では営業部の管理職でしたが、透析のため降格・減給となり経済的に苦しい状況となってしまいました。
ご本人は仕事の合間に透析をされているため障害年金の手続きをする時間がとれず、初診日の確認から必要書類の入手も含めてすべてこちらで対応 いたしました。
障害年金の受給が決まったので、無理をせずに仕事を続けながら療養できると喜んでいただけました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例