広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約180万円

 

相談時の相談者様の状況

出生時に頭部に異常が認められ、入院や検査を繰り返していました。
中学卒業後就職しますが、ささいなことで突発的に怒りの感情が爆発、いさかいを繰り返すことで人間関係につまずき職を転々としてしまいます。

出生時の病気が原因ではないかと心配した母親が相談したところ病院での 検査を勧められました。
その結果小脳症による軽度知的障害、広汎性発達障害、欠陥性爆発性障害と 診断され治療をうけることになりました。
それと並行して発達障害者支援センターで職業訓練を受けています。

 

相談から請求までのサポート

最初はご自分で手続をしたところ不支給となったため、当事務所にご依頼 いただきました。
医師も協力的ではあったのですが、診断書の書き方をよく理解されておらず、実態とかけ離れた軽い内容となってしまったことが不支給の原因です。
そのため今回の診断書記載にあたっては、病院に同行し医師に障害認定基準とご本人の症状についてこちらで作成した資料をもとに説明させていただきました。
医師も十分に納得され、2級相当の診断書を記載いただき受給につなげること ができました。

 

結 果

障害基礎年金2級が認められ、年間約78万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例