うつ病で障害基礎年金1級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:うつ病、社交不安障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給月から更新月までの支給総額: 約100万円

 

相談時の相談者様の状況

 物心ついたときから人前では緊張し、人見知りが激しく友人ができにくい状態で  いつも不安を感じていました。
大学卒業後も定職につかずアルバイトをしていましたが、憂うつ気分、不安、恐怖感といった症状が強くなり情緒不安定による混乱状態が続き精神科を受診。
投薬治療を受けますが状態は悪化し、自殺未遂を繰り返しています。
現在は常時付添人の解除を必要としています。

 

相談から請求までのサポート

私がこれまでお会いしたうつ病の方では最も重症に見えました。
初診は5年前に一度だけ受診したメンタルクリニックです。
しかしながら、付添人の方がネットで見つけた病院では医師が5年前の初診日を認めてくれず、診断書を書くまで1年半待たないといけないと言われてしまいました。
そのため、急きょ、こちらで病院をご案内し、転院後2週間で診断書を書いてもらいました。
1級に認定後、付添人からのメールでは、1級認定の知ったご本人が感極まって号泣されたそうでした。

 

結 果

障害基礎年金1級が認められ、年間約100万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例