うつ病エピソードで障害共済年金2級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:感情障害(うつ病エピソード)
決定した年金種類と等級:障害共済年金2級 
年間支給額: 約160万円

 

相談時の相談者様の状況

 教員時代に過労やストレスから心身の不調を感じ、心療内科を受診。
うつ病と診断されました。不眠、食欲不振、意欲低下、対人不安といった症状が悪化し、仕事を続けることができず教職を辞することになりました。
その後再就職を試みますがうつ状態が悪化してしまい長くは続けられません。
現在も虚無感、無力感に苛まれながら自宅療養を続けています。

 

相談から請求までのサポート

最初に診断書を書いてもらおうとした都内の病院では医師が協力的でなく、  一旦は障害年金をあきらめかけておりました。
その後、地元に戻られたとお聞きしましたので、こちらで病院をご案内し、ようやく2級認定されました。
障害年金をあきらめなかったご本人と、診断書を書いてくださった医師に感謝です。

 

結 果

障害共済年金2級が認められ、年間約160万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例