うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約140万円

 

相談時の相談者様の状況

入院中の義母の世話と義父の死去が重なり多忙を極めていました。
あらゆる出来事が自分におしかかってくるように感じ、不安、不眠、食欲不振、呼吸困難といった症状が現れたため精神科を受診。うつ病と診断されました。
服薬と通院を続けますが、薬に依存しているにもかかわらず倦怠感やうつ症状、不眠といった症状が改善せず、何をする気もおきず一日中横になって過ごしています。

 

相談から請求までのサポート

最初に電話で相談を受けた時には憔悴しきったご様子で、自宅から一歩も出ることが出来ず、とても面談会場まで来られるようなご状態ではありませんでした。
そのため、書類のやり取りはすべて郵便で行い、確認事項は電話かメールで済ませました。
比較的早く認定され、ご本人からの電話の声も心なしかいつもより元気そうでした。

 

結 果

障害基礎年金2級が認められ、年間約77万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例