統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:統合失調感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約240万円

 

相談時の相談者様の状況

職場で急に泣き出すといった情緒不安定な状態に加え、空笑、支離滅裂な行動が現れはじめました。母親に暴力をふるい、暴れて意識がなくなったため精神科に措置入院をします。
退院後復職しますが解離症状が改善しないため退職して自宅療養をすることになりました。
現在も通院治療中ですが、抑うつ症状と躁状態を繰り返し、多動多弁、幻聴や攻撃的な妄想があり今後さらなる悪化も予測される状況です。

 

相談から請求までのサポート

面談にはお一人で来られましたが、表情が硬く会話にも抑揚がないという状態で、症状の悪化が感じ取れました。
普段の診察では、医師とお話をする時間がほとんどないとお聞きしましたので、診断書を依頼するための資料づくりの段階から日常生活における様々な支障を詳細にまとめておきました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例