精神病を伴わない重症うつ病エピソードで障害厚生年金3級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:精神症状を伴わない重症うつ病エピソード
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間支給額: 約100万円

 

相談時の相談者様の状況

統合失調症の妻が家で暴れて物を壊す、様々な場所でトラブルを起こす、仕事場にひっきりなしに電話をかけてくるといった状況に加えて、仕事でも転勤により慣れない仕事を任されたストレスで頭痛、めまい、不眠、不安、抑うつ、体が動かないといった症状が現れました。
精神科を受診しうつ病と診断され休職し治療にあたりますが症状は改善しません。
現在は会社の配慮で負担の少ない部署に配属され復職しましたが常に睡眠不足で頭痛、体のだるさを感じ一日中横になっていることが多く、ほとんど出勤ができていない状態です。

 

相談から請求までのサポート

面談に来られた時はそれほど症状が重そうに見えませんでしたが、症状に波があり、電話を何度かけても出られず連絡がつきにくい時期もありました。
ある程度こちらの判断で進めさせていただき受給につなげることができました。
定年間近のため無理をせず療養に専念し、退職後は障害年金と退職金で生活していくとのことです。

 

結 果

障害厚生年金3級が認められ、年間約100万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例