双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約150万円

 

相談時の相談者様の状況

子供が2歳のとき夜泣きがひどく夫からの協力も得られず次第に無気力になってしまいました。
異常を感じた母に連れられ精神科を受診。
うつ病と診断され投薬治療をおこないます。
薬に頼りすぎてしまい、量がふえるごとに気分の落ち込み、脱力感といった症状に悩まされます。  家事、育児が全くできない状態の中、躁状態が激しくなり入院。
現在は退院し、自宅療養を続けています。終日部屋で寝込んでおり、母親やホームヘルパーの助けを借りて生活しています。

 

相談から請求までのサポート

初診日が20年近く前のため証明が得られるかどうか心配でした。
ご本人は実家で療養中のためこちらで初診の病院まで出向いて確認したところ、幸いにもまだカルテは保存されており無事証明することができました。
当面、実家での療養が続きそうですが、今回の認定で多少なりとも精神的に落ち着かれたとのことです。

 

結 果

 障害基礎年金2級を取得、年間約77万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例