人工透析(慢性腎不全)で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年間支給額: 約130万円

 

相談時の相談者様の状況

会社の健康診断で尿に蛋白が出ていることを指摘されていましたが、仕事が忙しくすぐには医療機関を受診しませんでした。その後微熱が出て風邪と思い受診。
検査の結果腎臓内科を紹介されます。
腎炎の疑いで入院しその後療養に専念するため会社を退職。
投薬と食事療法を行いますが腎機能は悪化し現在は週3回1回3時間をかけて人工透析を受けています。

 

相談から請求までのサポート

最初はご自分で手続きを進めておりましたが、初診日証明をなかなか得ることができず、また、病歴・就労状況等申立書もどのように書けばよいかわからず、途方に暮れて当センターの相談会に参加されました。
いろいろな病院を受診されていたため初診日を探し出すのに苦労しましたが、ようやく探し出すことができ受給につなげることができました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例