広汎性発達障害で障害厚生年金3級を取得、年間約62万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額: 約125万円

 

相談時の相談者様の状況

物心ついた時から他人と接することが苦手でした。高校卒業後就職しますが、真面目な性格で一生懸命取り組んでいるのにもかかわらず仕事を覚えられず苦労します。
その後数年間の専業主婦生活を経て嘱託社員として働き始めますが、職場内での人間関係に悩み、心身ともに疲労が蓄積し腹痛と下痢により救急搬送されました。
その後不眠や抑うつ症状がみられたため精神科を受診し薬物療法を始めますが症状は改善せず、転院先での検査の結果広汎性発達障害と診断されました。
過敏性胃腸炎も併発し現在も心身ともにつらい日々を送っています。

 

相談から請求までのサポート

精神的な症状だけでなく消化器系の病気もみられたため、どこに初診日をもってくるか悩みました。
最初は腹痛で最初に病院にかかった日を初診日として手続きしましたが認められず、某精神科が初診と判断されたため受診状況等証明書を提出し直しました。
在職中でしたが、数か月分のタイムカードや給与明細のコピー(欠勤日数を見てもらうため)を提出したことが功を奏してか、無事受給につなぐことができました。

 

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約62万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例