うつ病・ナルコレプシーで障害厚生年金2級を取得、総額約730万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
5年遡及総額: 約730万円

 

相談時の相談者様の状況

抑うつ気分、不安、不眠といった症状が現れたため受診。
情動脱力発作も現れうつ病とナルコレプシーと診断されました。
対処療法による投薬をうけますが、症状は改善せず日中の眠気がひどいため会社も退職することになりました。
現在も治療中ですが終日家で寝たきりで家族の援助を受けています。

 

相談から請求までのサポート

病名はうつ病ですが、睡眠障害(ナルコレプシー)の症状が目立っており、突然眠気に襲われ意識を失い倒れてしまうという症状を繰り返していました。
初診日が10年以上前でカルテが保存されておらず、病院の担当の協力で当時の受付簿を入手し初診日の証明をすることができました。

 

結 果

障害厚生年金2級(年額135万)を認められ、5年の遡りで約730万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例