糖尿病性腎症で障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:糖尿病性腎症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年間支給額: 約140万円

 

相談時の相談者様の状況

足首がむくみだるくなったため受診。糖尿病と診断されました。
投薬治療をうけますが視力が悪化、眼科手術の際に血液検査で腎機能も低下していることがわかりました。投薬と経過観察を続けましたが腎機能も次第に悪化し人工透析を受けることになりました。  現在は仕事を早退して時間を作り、週3回4時間かかる透析を受けています。

 

相談から請求までのサポート

当初はご自分で年金事務所の相談を受けて手続きを進めようとしましたが、初診日の証明や病歴・就労状況等申立書の記載等、面倒なことばかりで嫌気がさし、ずるずると2年が経過してしまい、自分で手続きするのは無理と思って当センターに相談に来られました。
こちらでは普通に進めている手続も、初心者にとってはとても大変な作業のようです。すでに診断書は出来上がっておりましたので、依頼を受けてから10日足らずでスピード解決し、とても喜んでいただけました。

 

結 果

 障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例