自閉症、精神発達遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/作業員)
傷病名:自閉症、精神発達遅滞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約200万円

 

相談時の相談者様の状況

3歳児検診で発達の遅れを指摘され、小学校、中学校、高校と特別支援学校に通学しました。
現在は障害者のための作業施設に就職していますが、作業場に一人で通うことが難しく、学校の時と違い仕事ではストレスがたまりやすい為、キーッと叫んだり意味不明な言葉を発したりすることが多くなりました。

 

相談から請求までのサポート

ご自宅が遠方のため、こちらからお伺いしました。
本人は作業施設に通所しており他人と会話もできないことからご両親と面談しました。
20歳前に病院で検査を受けておりましたが、その病院も遠方のためご自宅付近の病院を紹介し診断書を書いていただきました。
知的障害の方は定期的に通院されていないため、病院探しからサポートしてあげることが重要です。

 

結 果

 障害基礎年金2級が認められ、年額約78万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例