重度難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/会社員)
傷病名:重度難聴
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
年間支給額: 約98万円

 

相談時の相談者様の状況

2歳になっても言葉の出ない状態を心配した両親が耳鼻科に連れて行き、感音性難聴と診断されました。 父親が人工内耳のことを知り、4歳のとき装着手術を施行。
その後少しずつ言葉を覚え始め、現在は聾学校を経て障害者雇用で仕事をしています。

 

相談から請求までのサポート

生まれつき聴覚障害があり、小学校から高校まで聾学校に通っていました。
人工内耳は費用がとてもかかるため、ご両親もご苦労されたことと思います。
今回の受給で多少なりともお役に立つことができ、ほっとしました。

 

結果

障害基礎年金1級を認められ、年間約98万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例