反復性うつ病性障害で障害基礎年金2級を取得、総額500万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:反復性うつ病障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
5年遡及額: 約500万円

 

相談時の相談者様の状況

妻と子供を養わなければならないのに、正規雇用になれない焦りやアルバイト先での過重労働から抑うつ状態が現れ受診。
その後離婚を経験し自殺未遂を繰り返すなど、症状が悪化してしまいました。
現在は仕事をすることができず、実家にて両親の介助を受けながら自宅療養中です。

 

相談から請求までのサポート

障害認定日の診断書に記載ミスがありましたが、本人が外出不可能のため、こちらで病院まで出向き訂正をお願いしました。
経済的不安がかなり強く、どうしても遡及して受給したいといわれておりましたので、とても感謝していただけました。

結 果

障害基礎年金2級(年間支給額約100万円)が認められ、5年間の遡りで500万円を受給しました。

反復性うつ病性障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例