網膜色素変症で障害厚生年金1級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの支給総額: 約380万円

 

相談時の相談者様の状況

物を落としても探しづらい、運転中周りが見えず接触事故を起こすなどの兆候はありました。
当初は眼精疲労と思いサプリメントを飲むなどして対応していましたが、目の痛みが治まら ないため受診。
検査の結果網膜色素変性症と診断されました。白内障も進んでおり現在は会社を休職しています。
期間満了による退職の可能性も強く将来に不安を抱いています。

 

相談から請求までのサポート

面談に来られたときは、地面に躓いて転倒し腕を骨折した直後とのことで、かなり痛々しい姿でした。それ以外にも柱にぶつかるなどかなり危険な目にあわれておりました。
視野障害により発生した事故やトラブルについて、病歴就労状況等証明書にしっかりと記載し、いかに困難な生活を送られているかを訴えました。

 

結果

障害厚生年金1級を取得、年間210万円を受給しました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例