うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間125万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約310万円

 

相談時の相談者様の状況

時々気分が落ち込むことはありましたがストレスからきているくらいの軽い感覚でした。
次第に落ち込む機会が増え意欲の低下、不安感を強く感じ、受診。うつ病と診断されました。
投薬治療を受けますが薬の副作用に悩まされ一旦は通院を終了します。
徐々に症状が重くなった事により治療を再開。
現在は自宅で療養を続けています。社会復帰したい気持ちはあるものの強い抑うつ症状により 現状では難しく将来に不安を抱いています。

 

相談から請求までのサポート

最初に通院していた病院では医師の理解が得られず診断書の作成を拒否されたため、 他院を紹介しました。
お一人では医師に診断書を依頼するのが不安とのことでしたので、 診察室まで同席し普段現れる症状や日常生活の支障について医師に説明させていただきました。

 

結 果

障害厚生年金2級が認められ、年間125万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例