双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約360万円

 

相談時の相談者様の状況

コンピュータープログラマーとして働いていましたが、常に心身の疲労を感じており 出勤できなくなり受診。
うつ病と診断されました。投薬治療を始めますが何年にもわたり再発を繰り返します。
次第に躁状態も現れ出し双極性感情障害と診断されました。
会社を退職し治療に専念していますが、躁状態とうつ状態が周期的に現れ症状は悪化 傾向にあります。

 

相談から請求までのサポート

初診日は30年近く前のため、証明できるかどうかがポイントでした。
幸いにも当時のカルテが保存されておりましたので認定につなげることができました。
ご本人は体調が思わしくなくなかなか連絡が取れず、予想以上に日数がかかりました。
それだけに2級認定が決まったときは苦労が報われた感じです。

 

結果

障害厚生年金2級を取得し、年間約210万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例