統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約180万円

 

相談時の相談者様の状況

大学の課題提出のストレスと失恋のショックから被害妄想が現れ自殺未遂を計りました。
急遽入院措置が取られ退院後も薬物療法を行ないましたが、症状は悪化し幻聴も現われ始めます。
大学卒業後は自宅療養を続けていますが症状は一進一退です。

 

相談から請求までのサポート

当初は障害者枠で就労しており、職場では勤務日数を増やすよう打診されておりました。
ご本人は日数を増やすかどうか迷っておりましたが、体調が悪化したために退職せざるを得なくなりました。
精神疾患の患者さんは症状に波があるため、安定した就労を継続するのはなかなか難しいものです。 当面は障害年金を受給しながら療養に専念し、いずれ社会復帰できるよう願っております。

 

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例