精神発達遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

 男性(20代/無職)
傷病名:精神遅滞、広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約140万円

 

相談時の相談者様の状況

幼少時から言語面の遅れがありコミュニケーションが困難でした。
3歳児検診で児童相談所から療育手帳を交付されその後小学校から高校まで養護学校に通います。
高校卒業後は障害者枠で就職し、現在も続けています。簡単な会話はできますが理解力に乏しく周囲の人とトラブルになることも多いです。時間へのこだわりも強く融通がきかないため、仕事は単純な作業をなんとかこなすといった状況です。

 

相談から請求までのサポート

高校(特別支援学校)卒業後は障害者枠にて工場勤務をしております。
とはいえ、コミュニケーション能力が低く単純な作業しか出来ず、日常生活においても多くの支障がありました。
病歴・就労状況等申立書の記載にあたってはその部分を最も強調しておきました。

 

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約78万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例