うつ病で障害基礎年金2級を取得、総額約450万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
5年間遡及顎: 約400万円

 

相談時の相談者様の状況

高校生の頃から抑うつ状態が現れ「生まれてこなければ良かった」という思いから過食嘔吐、 自傷行為を繰り返すようになります。極度の体重減少により精神科を受診。
薬物療法を受け ますが症状は一進一退です。現在は衣食住生活全般において家族の援助を受けています。

 

相談から請求までのサポート

当初、初診日は高校生からとお聞きしておりましたが、できあがった診断書によると中学生の ころ拒食症で入院歴があったとの記載があり初診日が変更されてしまいました。
そのため、当時の担任の先生とクラスメートに第三者申立書をお願いし、入院時の状況を 証明してもらいました。その甲斐あってか、無事に初診日を証明することができました。

 

結果

障害基礎年金2級(年間支給額80万円)が認められ、5年間の遡りで約400万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例