広汎性発達障害で障害共済年金3級を取得、年間約67万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、うつ病
決定した年金種類と等級:障害共済年金3級
年間支給総額: 約67万円

 

相談時の相談者様の状況

郵便局に勤めていた時、上司や同僚から圧力をうけ精神的にストレスを感じ精神科を受診。
うつ病と診断されました。その後退職、結婚、出産を経ますがうつ状態は続いていました。
育児がうまくできないストレスが大きく育児放棄をしてしまいます。
こうした経過を医師に相談した所心理検査を勧められ、ADHDであることが判明しました。
現在も投薬治療を続けていますがイライラしたりうつ状態になったりと症状は改善していません。

 

相談から請求までのサポート

面談時には特に感じられませんでしたが、対人関係が苦手で、他人に対して爆発的に 怒りを向けてしまうことがあるそうです。
診断書は多少軽度に記載されておりましたので、それを補うため、病歴就労状況等申 立書に日常生活の支障を詳しく記載しました。

 

結果

障害共済年金3級が認められ、年間約67万円を受給しました。
実際の症状の割に診断書の内容は軽く、認定は難しいと思っていましたので とにかくほっとしました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例