統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円総額150万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/男性)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約150万円

 

相談時の相談者様の状況

最初は不眠で精神科を受診していました。投薬治療を続けていましたが,対人緊張、不安、抑うつ症状が現れ、幻覚、幻聴も現れ始めたため、統合失調症と診断されました。
現在も通院を続け、投薬治療を続けていますが、なかなか改善しない状況です。

 

相談から請求までのサポート

被害妄想が強く、常に誰かに見張られていたり、尾行されているのではないかという思い込みが激しい方でした。本人と病院まで同行し医師に診断書の依頼をした甲斐もあり、無事2級認定されました。
親元を離れて一人暮らしをしているため、多少なりとも経済的にプラスになって くれたものと思っております。

 

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例