軽度知的障害、多動性障害等で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:注意欠陥・多動性障害、軽度知的障害、回避性人格障害
決定した年金種類と等級:、障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約120万円

 

相談時の相談者様の状況

子供のころから落ち着きがなく、注意散漫でした。
高校卒業後就職しますが長続きせず色々なアルバイトを転々とします。
気分の落ち込みや憂うつ症状が現れ出したため受診。回避性人格障害と診断されました。
投薬治療をうけますが、窃盗や交通事故といった反社会行動もみられるようになってしまいます。  現在も治療を続けていますが、薬を飲みすぎてしまうといったこともあり、昼夜逆転した中で家族の監視のもと生活しています。

 

相談から請求までのサポート

母親が途中まで自分で手続きを行ないましたが病歴就労状況等申立書の書き方が分からず途中で行き詰まってしまい、相談にこられました。
役所からはそれぞれの傷病名ごとに申立書を作成するように言われましたので、各傷病の特性に合わせた3種類の申立書を作成しました。

 

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円を受給しました。

アスペルガー症候群 他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例