うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約150万円

 

相談時の相談者様の状況

仕事中に顧客とのトラブルに巻き込まれたことが原因で食欲不振、抑うつ症状が現れ始めました。すぐに精神科を受診、投薬とカウンセリングを受けましたが  症状は悪化し、声が出ず、歩行困難になり車椅子生活となってしまいました。
現在は仕事を休職中し治療に専念していますが、病状は一進一退で歩行困難、会話困難な状態が続いています。

 

相談から請求までのサポート

うつ状態があまりに重く、その影響で歩行困難となり、会話にもかなり支障があったため主に母親とやり取りしました。
診断書は精神疾患と肢体障害の2種類を書いていただきました。
肢体障害の診断書の作成にあたっては整形外科を訪問しうつによる歩行困難であることをご理解いただくのに苦労しました。
今のところ在職中ですが休職期間が満了に近いため強い不安をだいておりましたが、障害年金の受給により退職後の生活のめどもたちそうです。

 

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円を受給されました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例