統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
年金支給総額: 約100万円

 

相談時の相談者様の状況

アルバイト先での心労、肉体的疲労により全身ヘルペスを発症したため入院治療となりました。
治療後も不眠状態が続き次第に抑うつ状態、幻聴、幻覚が現れたため精神科に転院。
統合失調症と診断され現在も治療を続けています。
妄想に加え、感情の起伏が激しく異常行動が現れておりご家族も不安を感じていらっしゃいます。

 

相談から請求までのサポート

母親より日常生活の状況を詳しくお聞きしましたが、症状はかなり重く日常生活が乱れておりました。
日常生活で発生する様々な支障を詳しくお聞きし、病歴就労状況等申立書に反映していきました。

 

結果

障害基礎年金1級が認められ、年間約97万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例