広汎性発達障害で障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/会社員)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額: 約60万円

 

相談時の相談者様の状況

子供の頃から対人関係が苦手でした。
成績が良かったので中高一貫の学校、大学へ進学しましたが、周囲となじめず一人で好きなことに没頭するという生活を送っていました。
就職したものの指示されたことができず、周りともコミュニケーションがとれないため抑うつ症状があらわれて体調を崩し退職を余儀なくされます。
抑うつ治療のため受診した病院で発達障害が疑われ、検査の結果「広汎性発達障害」と診断されました。
現在は障害者雇用支援制度を利用して仕事をしています。

 

相談から請求までのサポート

面談にこられた時には障害者枠としての就職が決まったばかりでしたが、決して給料は高いといえず経済的に不安を抱えておりました。
病歴就労状況等申立書の作成にあたっては障害のため通常の仕事が困難であることを強調しました。
今回の受給が決まったことにより経済的な不安も和らぎ安心して働くことができそうです。

 

結果

障害基礎年金3級が認められ、年間約60万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例