うつ病で障害基礎年金1級を取得、総額約330万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
3年半の遡及総額: 約330万円

 

相談時の相談者様の状況

漠然とした不安感が現れ、次第に気分が重くなり、集中力低下、不眠等が現れ受診。
うつ病と診断されました。薬物、精神療法を開始しましたが、めまい、不眠、息切れ、胸苦しさ、食欲不振、下痢、嘔吐といった症状が現れるなど悪化していきました。
このため仕事も続けられず就職、退職を繰り返しています。
現在は母親の援助をうけながら治療に専念していますが、対人恐怖もあり自立した生活を送ることができず将来に不安を抱いた状態です。

 

相談から請求までのサポート

かなり重度のうつ病で心身の疲労が顕著でした。
診断書の訂正等病院とのやり取りはすべてこちらで行ないました。
審査の途中事務センターからの照会が何度かあり、結果がわかるまでに日数を要したためその間何度も不安な心境を訴えてきました。
無事1級認定され待った甲斐もありました。

 

結果

障害基礎年金1級が認められ、3年半の遡りで総額約330万円を受給しました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例