双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約170万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/元会社員)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約470万円

 

相談時の相談者様の状況

突然不潔恐怖と数字へのこだわりが発生し、次第に抑うつ状態、不安感焦燥感、強迫観念といった症状も現れ始めました。症状が治まらないため心療内科を受診。
体調の波はありましたが投薬治療を受けましたが症状は改善せず幾度かの休職の後退職することになりました。
現在は自宅療養に専念していますが、気分変動が激しく心身喪失の状態が続いています。

 

相談から請求までのサポート

最初に電話で連絡をしてきたときには、非常に精神的に不安定な状態だったのか一度で話が終わらずに同じ日に何度も電話がかかってきました。
一旦職についたものの症状がすぐにぶり返し一ヶ月もたたずに退職してしまいました。
現在も就労不能で自宅療養を続けているため今回の2級認定されたことによりとてもほっとしたご様子でした。

結果

障害厚生年金2級が認められ、年間約170万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例