うつ病で障害基礎年金2級を取得、総額約500万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病 パニック障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
5年遡及支給総額: 約500万円

 

相談時の相談者様の状況

夜、自宅にいる時に突然気持ちが悪くなり嘔吐の後、過呼吸、息切れ、動悸などの  パニック発作を起こしました。1ヶ月ほど入院し薬物療法・精神療法を受けました。
その後は通院治療を続けていますが抑うつ状態、パニック発作、強い不安恐怖、希死念慮といった症状があらわれうつ病と診断されています。
何もする気が起きず一日中自宅で横になっている日々をすごしています。

 

相談から請求までのサポート

かなりうつ,状態が重く、面談予約を2回キャンセルの後3回目の予約でようやく面談することができました。
一人での外出が不可能なためご主人緒と小学生のお嬢さんも同席しました。
病院を何度も転々としており病歴申立書の作成には苦労しましたが、ご主人の協力も得ながら過去の大変だった状況についてうまくまとめることができました。
過去5年分の遡及認定が決まりご本人の喜びは大変なものでした。

 

結果

障害基礎年金2級を取得、過去5年間の遡りで約500万円を受給されました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例