うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約360万円

 

相談時の相談者様の状況

休日出勤、徹夜など過重労働を余儀なくされていましたが、仕事でミスを犯してしまい退職勧告を受けた事により気分が落ち込むようになってしまいました。
突然出社ができなくなり、精神科を受診。
抑うつ気分、意欲低下、食欲不振、不眠、不安、集中力低下に加え希死念慮が現れていた為うつ病と診断されました。
現在は会社を退職し、投薬と精神療法を受けていますが症状が改善せず、ふとしたきっかけで過重労働のストレスを思い出し心臓が痛くなります。
何もする気が起きないので終日家に閉じこもり寝ている状態です。

 

相談から請求までのサポート

重いうつ病を抱えながらも診断書ほか必要な書類をご自分で迅速にご用意いただきました。こちらもそれに応えるべく早急に病歴就労状況等申立書を作成し、大至急手続きを進めました。

 

結 果

障害厚生年金2級を認められ、年間120万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

もともと会社の管理部門にて専門的な仕事をされており職務能力の高い方です。  
障害年金を受給しながらしっかりと療養されて社会復帰することを祈念しております。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例