脳梗塞で障害厚生年金2級を取得、年間約195万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:脳梗塞
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約580万円

 

相談時の相談者様の状況

突然左半身に違和感が発生したため、左上肢の麻痺が発生し救急病院に搬送されました。脳梗塞と診断されそのまま入院。
退院後は左半身に麻痺が残っているため体が思うように動かず仕事を退職することになりました。  
現在は月2回のリハビリを受けながら生活しています。
日常生活の中で様々な支障があり家族の援助無しでは生活できない為、将来に不安を感じています。

 

相談から請求までのサポート

初診日から半年ぐらい経過した頃にご夫婦で相談に来られました。
障害年金のことをいろいろと調べていたらしく、1年後にはぜひ手続きをお願いしたいとのことでご依頼いただきました。
裁定請求まで時間がありましたので、障害者枠での就労や生活保護などの今後の生活に役立つ情報も提供させていただきました。

 

結 果

障害厚生年金2級を認められ、年間約195万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

ご本人は早く社会復帰がしたいようですが現状では難しく、障害年金が受給できたことにより多少なりとも今後の不安が解消されそうです。
ご本人はもとより、奥様もとても安心されていたご様子でした。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例