うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約350万円

 

相談時の相談者様の状況

認知症の母の介護、家族のトラブル、勤務先の過重労働などのストレスが重なり抑うつ症状が現れ始めました。
精神科を受診し、月2回通院しましたが症状は改善せず、会社を休職後退職し自宅療養に専念しています。
普段は落ち込んだ気分が続いていますが、時折感情のコントロールが効かずにイライラして周りの人を怒鳴りつけてしまうこともあります。

 

相談から請求までのサポート

長年勤めた会社を不本意な形で退職し、憔悴しきったご様子でした。
ご本人は電話に出ることができないためメールでの連絡をまめに行い進捗状況をお伝えすることに務めました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約230万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

受給が決まったときは本人からメールで連絡がありました。
心身ともに疲れ切っており仕事はもう無理なので、これから障害年金をもらいながら療養したいとのことでした。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例