右大腿骨頸部内側骨折で障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/会社員)
傷病名:右大腿骨頚部内側骨折
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間支給額: 約60万円

 

相談時の相談者様の状況

大雪の日に積もった雪の上で足を滑らせて転んでしまい、救急搬送されました。
右大腿骨頚部内側骨折と診断され、患部に金具を入れる手術を受けましたがうまく固まらず 骨が壊死、人工関節の手術を再び受けました。
現在は手術の後遺症である一日数回おこる激しい痛みに悩まされています。
痛みどめも効かず歩くときは杖を使用しています。
肉体的にも精神的にも辛い日々を送っています。

 

相談から請求までのサポート

ご状況からみて3級の認定は間違いないと思いました。
足の痛みや私生活の不安もかかかえておられたので、とにかく迅速に進めていきました。

 

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

面談ではしきりに足の痛みを訴えておりました。
また、数ヵ月後に定年退職を控えて経済的な不安を強く感じられていました。
無事受給が決まったときのとても嬉しそうなご様子が印象的でした。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例