躁うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/自営業)
傷病名:躁うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約240万円

相談時の相談者様の状況

夫が子供たちに暴力をふるうことから離婚を切り出しましたが思うように離婚話が進まないストレスから不眠、不安、全身倦怠感、動悸、手の震えといった症状が現れました。
精神科を受診したところうつ病と診断され薬物療法を始めました。
離婚成立後もうつ症状は改善せず日中も横になって過ごすことが多くなってしまいます。
主治医に仕事を辞めて治療に専念するよういわれていますが、経済的にひっ迫しており働かざるを得ない状況です。
また4か月ごとに躁状態とうつ状態を繰り返しています。

 

相談から請求までのサポート

症状の波が激しく、体調が悪化している時には電話やメールで連絡を入れてもつながらない ことが度々ありました。
本人は医師にうまく診断書の依頼ができず、こちらの方で医師と連絡を取り合いました。

 

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約120万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

最初の面談では予約日にご本人が体調を壊されてキャンセルとなり、2週間後に ようやくお会いすることができました。
お子さん2名の加算もつき、多少なりとも経済的に楽になったのではと思いました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例