双極性障害で障害基礎年金2級を取得、総額440万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/主婦)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
5年訴求支給額: 約440万円

 

相談時の相談者様の状況

体のしびれ、同期と行った症状があり、内科を受診するも改善しないため精神科を受診。不安神経症と診断されました。
体は重いが気分は高揚、気分は重いが行動的といった状態でした。
家庭問題より症状がますます悪化してしまい入院。
退院後は薬の副作用により思いうつ状態になり大量服薬で救急搬送されました。
転院後双極性障害と診断され入退院を繰り返しています。

 

相談から請求までのサポート

障害認定日の診断書を作成した医師はかなりアバウトな方で記載ミスが多く、修正のため何度も病院と連絡を取り合いました。

 

結 果

障害基礎年金2級(年間約80万円)を取得、5年間の遡りで440万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

初回の面談時から躁状態が強く、かなり興奮気味だったのをよく覚えております。
受給が決定した時は安堵のためか、口調が幾分穏やかになられたような気がしました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例