双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約60万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/会社員)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間支給額: 約60万円

 

相談時の相談者様の状況

会社に就職後業務のストレスにより不安、うつ、情緒不安定といった症状が現れ 軽いうつ状態と診断されました。その後上司との折り合いが悪くなりうつ症状が悪化。
双極性感情障害と診断され週1回通院治療を続けました。
症状は改善せず就労が難しくなり自殺未遂をおこし仕事も解雇となりました。
現在は自宅療養中ですが気分が落ち込み体が動かない状態と気分が高揚し飲酒や浪費、多動多弁の状態を繰り返しています。
金銭的な問題も抱えており、再就職の見込みも立たずご両親の支援をうけて日常生活 を送っています。

 

相談から請求までのサポート

診断書の依頼にあたっては、ご本人の希望により診察に同席させていただきました。
医師にご本人の症状理解があり、こちらの希望を汲んだ診断書を作成いただきました。

 

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

受信状況証明書(初診日の証明書)の取り寄せの際も本人に代わって病院と連絡を 取り合いました。
一度通院を中断した病院と連絡するのは気が引けるとのことでしたので、しっかりと フォローいたしました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例