網膜色素変性症で障害基礎年金2級を取得、年間約110万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/マッサージ師)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年間支給額: 約110万円

相談時の相談者様の状況

幼少時より眼に異常があり、網膜色素変性症と診断されました。治療法がないために経過観察を続けていました。その後白内障と緑内症を併発。視野が狭く人や物によくぶつかり、夜盲症のため夜はほとんど見えない状態が続いています。針灸の資格をとり仕事をされていますが、お客様の顔がよく見えず全盲になるのではという不安をかかえていらっしゃいます。

 

相談から請求までのサポート

先天性で幼児期に発病されていましたが、初診の病院ではカルテが保存期間をすぎて残っていませんでした。このため学生時代のご友人の協力を得て「初診日に関する第三者の申立書」を作成いたしました。

 

結 果

障害基礎年金2級を取得し、年間約110万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

初診日が認めてもらえるかどうかが最大のポイントとなった案件です。
過去の病院を当たってみたものの20歳前に受診したことを証明する書類は一切残っておらず、ご友人2名による申立書が決め手となりました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例