統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間約110万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約330万円

 

相談時の相談者様の状況

職場でのストレスをきっかけとして感情の起伏が激しくなり、怒りっぽくなり周囲の人間関係が悪化したため受診。
当初は双極性感情障害と診断されました。治療を続けていくうちに被害妄想や幻聴がひどくなってきたため病名が統合失調症と改められました。転院、入院を繰り返しながら治療を続けていますが、退院すると幻聴などの症状が再発してしまい常にヘルパーの援助が必要な生活を送っています。

 

相談から請求までのサポート

症状が安定しないため、転院を繰り返していらっしゃいました。カウンセリングで当時の状況を思い出していただきながら正確な病歴申立書を作成していきました。

 

結 果

障害厚生年金2級を取得し、年間約110万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

これまで生活保護を受けておりましたが、ご本人は生活保護に頼らず障害者枠での就労を希望されておりました。
障害年金の受給が決まり自立した生活への第一歩が踏み出せたのではと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例