双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約200万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/元会社員)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの支給総額: 約360万円

 

相談時の相談者様の状況

仕事のプレッシャーから不眠、焦燥感などを訴え始め受診。双極性感情障害と診断されました。
当初は会社勤めをしていたので休職をして治療を続けていましたが、軽躁状態と抑うつ状態を繰り返し症状は安定しませんでした。
復職しながら治療を続けていましたが、感情不安定で問題行動も多くなり入院のため退職。
現在は入退院を繰り返しながら通院し、投薬治療、精神療法を続けていらっしゃいます。

 

相談から請求までのサポート

相談者様は抑うつ状態が長く、外出が困難でしたので社労士がご自宅に赴きお話をうかがいました。

 

結 果

障害厚生年金2級が決定し、年間約200万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

復職後も症状が再発し入退院を繰り返している状況です。
このままの状態では雇用が継続されるかどうかわからず、とても不安なご様子でした。
障害年金の受給により経済的な不安がある程度解消され感謝していただきました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例