うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

 女性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約160万円

 

相談時の相談者様の状況

大学生活での人間関係と学業のストレスにより食欲不振に。体重も26㎏に減少したため、

精神療法と栄養管理の指導を受けました。卒業し就職したがストレスによりまた食欲不振になり、

入退院を18回程繰り返しています。

現在は夜中に食事をして昼間に眠るといった昼夜逆転の生活になっていおり、

体重も25㎏まで減少してしまい将来に強い不安を抱いていらっしゃいます。

 

相談から請求までのサポート

ご本人が低体重で体力がなく外出が不可能な為、ご家族のご協力を得ながら手続きを進めました。

 

結 果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円の受給を受けました。

渡辺社労士より一言

ご本人は外出不可能なため、年配のご両親がご来所されました。
数年前にご両親が障害年金の裁定請求を行いましたが結果は不支給でした。
そのため今回の2級認定にはとても喜んでいただけました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例