双極性感情障害で障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間支給額  約60万円

 

相談時の相談者様の状況

集中力が落ち、仕事でのミスが増え気分が落ち込むなどの症状が現れました。
精神科を受診し、うつ病を診断されますが、些細なことでケラケラ笑ってしまうなどの躁状態も出現したため双極性感情障害に病名が変更。
現在も通院し、投薬治療をつづけていらっしゃいますが、常に感情が不安定で日常生活に多大な支障をきたしています。

 

相談から請求までのサポート

うつ状態が長く、寝たきりの生活を送っている相談者様の体の負担を考え、メールなどで 連絡を取りながら申請手続きを進めていきました。

 

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約60万円が支給されました。

渡辺社労士より一言

会社を休職中で傷病手当金を受給中でしたが、休職期間が終わる前に復職できるかどうか わからず、こうした不安が病状の悪化につながっていたようです。
受給が決まり多少なりとも不安が和らいだのか症状が改善したとお聞きしました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例