うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/主婦)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
遡及決定 : 5年間 約520万円

 

相談時の相談者様の状況

交通事故をきっかけとして手足のしびれと過呼吸が発生するようになりました。
その後不眠、不安、意欲低下、抑うつ気分が現れたため、精神科を受診。うつ病とパニック症害の診断をうけました。
現在は月2回ほど通院し、投薬と精神治療を受けていますが、依然として抑うつ気分等の症状は改善していません。
家事等はできないためご主人と実家のお母様の援助をうけています。

 

相談から請求までのサポート

一人で行動するのは不安とのことでご主人と息子さんの3人でご相談にいらっしゃいました。
ご本人の負担が少なくなるようご主人を窓口として申請手続きを進めていきました。

 

結 果

障害基礎年金2級を取得し(年間約100万円)、また過去5年間の遡りで約530万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

ご主人とは主にメールでやりとりし、発病以来数年間に渡る症状の推移を事細かにお伝えいただいたことが
5年間の遡及決定につながったと思います。
ご家族のサポートはとても重要です。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例